まとめ買いでワインの配送料が無料に!
※1回のご注文で、ワインを6本以上またはワインの購入金額合計が8,640円以上の場合が対象になります
  • ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 2009

ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 2009

1979年に行われた『ワイン・オリンピック』

価格:
9,050円(税込)
販売期間:
2015-04-15 ~
返品不可
  • 冷蔵配送
※こちらは入荷待ち商品となります。


ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 2009


















ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 2009

今や米国オレゴン州、ウィラメット・ヴァレーといえば、世界有数の『ピノ・ノワール王国』として知られていますが、35年前は、世界のワイン産地地図にその名はありませんでした。

そのオレゴンがピノ・ノワールの聖地、ブルゴーニュに匹敵するピノ・ノワールの銘醸地として脚光を浴びるきっかけとなったのは、1979年にパリで行われた『ワイン・オリンピック』での出来事でした。


その出来事について、『死ぬ前に飲むべき1001ワイン』には、このように記載されています





1979年、レストラン・ガイド誌ゴーミヨの主宰でフランスの最強ワインと、それ以外の世界から選抜したワインのテイスティング競技が行われた。

優勝したのがディッド・レットのアイリー・ヴィンヤーズ・サウス・ブロック・リザーブ・ピノ・ノワール 1975年だったため、フランスの生産者は眉を吊り上げ闘争心に火が付いた。

なかでも最も激しく燃えたのがロベール・ドルーアンで、彼はその結果を不服として、1980年にボーヌでリターン・マッチを開催した。

同じワインが出品され、審査員は変わっていた。今度はアイリーのピノが、ドルーアンのジャンポール・ミュジニィ 1959に10点中2点の差で負け、2位になった。

ブルゴーニュ以外の土地では良いピノは育たないといわれていたが、アイリー・ヴィンヤードはこれを根底から覆した。


(「死ぬ前に飲むべき1001ワイン」542ページより抜粋)





『そんな寒い場所でブドウが育つわけがない』

カリフォルニアの人々にそう忠告されながらも、オレゴン、ウィラメット・ヴァレーに初めてブドウを植えたのが、デイヴィッド・レット氏でした。

“ピノ・パパ”の愛称で親しまれていたレット氏は、1964年にワインの名門大学、デイヴィス校を卒業した後、武者修行でヨーロッパを渡り歩き帰国。その経験から、

『ピノ・ノワールの生育には、成熟がぎりぎり可能な冷涼な土地にこそ高品質さを発揮できる』

と確信し、冷涼な気候をもつオレゴンが最適だと気づきました。

そして1965年にオレゴン、ウィラメット・ヴァレーのダンディー・ヒルズに土地を買い、ウィラメット・ヴァレー初となるピノ・ノワールを植えました。

そして迎えた1979年。
有名グルメ誌[ゴー・ミヨ]の主催よる[ワイン・オリンピック]がパリで開催され、世界30ヶ国から300種を超えるワインを集め、フランス人を主とする審査員によりブラインド・テイスティング(銘柄を隠して試飲)で審査されました。

その結果、1975年に造られたジ・アイリー・ヴィンヤーズの[リザーブ・ピノ・ノワール]が≪ベスト10≫に入り、初めて世界にオレゴンワインの存在とそのポテンシャルの高さが知れ渡りました。

翌年、ブルゴーニュの名門、ジョセフ・ドルーアン社がリターンマッチを行い、同社のグラン・クリュ、プルミエ・クリュのワインを集めたピノ・ノワール対決を行った結果、優勝したのはドルーアン社の最高峰ワイン、[シャンポール・ミュジニー]の『フランスの世紀の当たり年』といわれる1959年ヴィンテージ。

そして[ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 1979]はトップと10点中2点差で【ベスト2】に入り、ここでもオレゴン・ピノの確固たる真価が認められました。

この結果を受けて、オレゴンの可能性を潔く認めたドルーアン社の社長ロベール・ドルーアン氏は、娘ヴェロニクをオレゴンで修業させ、その後ジ・アイリー・ヴィンヤーズの近くに土地を買い、[ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン]を設立しました。

ブルゴーニュの名門が、新大陸で造られたピノ・ノワールに衝撃を受け、自ら新大陸でワイン造りに挑戦するといった状況は、オレゴンに大きな信頼をもたらすことになり、カリフォルニアなどからの投資を促進させ、オレゴンのブドウ畑は急速に拡大され、ワイナリ-が急増し、ここオレゴンに『ピノ・ノワール王国』が築かれました。

すべての始まりはこの[ジ・アイリー・ヴィンヤーズ]からです。この造り手がいなければ、これほど急速にオレゴンがワイン産地として大成功してはいなかったかもしれません。

2009年に造られた[リザーブ・ピノ・ノワール]は、ダンディー・ヒルズでもっとも古いブドウの樹から収穫されたブドウを使用しています。ブドウの樹は自根であり、灌漑はしません。すべてオーガニックで栽培され、ワインは野生酵母で自然発酵させた後、旧樽でゆっくりと時間をかけて仕込まれます。

さらに使い込まれた古い樽でゆっくりとワインを熟成させることでマイルドで奥深いワインが生まれます。

その香りは非常に繊細で、バラの花の香りから時間と共にレッドチェリーやストロベリーの果実香へと広がり、スパイス、ハーブ、ロースト、なめし皮、ミネラル香と複雑なアロマが感じられます。余計なものをそぎ落とし、過激さや突出した要素は一切なく、しなやかで後を引くデリケートな酸味と、落ち着いたタンニンをもつ余韻の長い気品あふれる美味しさです。


フランスの珠玉ワインを打ち負かした、オレゴン最古のピノ・ノワールから造られる[リザーブ・ピノ・ノワール]


 
  • 商品名:
    ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 2009
  • 価格:
    9,050円(税込)
  • 商品コード:
    11-09-140-0079
  • 販売期間:
    2015-04-15 ~
  • 商品内容:
     
タイプ:赤ワイン
サイズ:750ml
産地:アメリカ > オレゴン
内容:赤750ml、 ブドウ品種:ピノ・ノワール100%、 生産地:アメリカ、オレゴン州州ウィラメット・ヴァレーAVA、ダンディ・ヒルズ、 樽:古い500リットルの大樽、 アルコール:13.5%
ブランド:
Y'NSトウキョー
納期目安:
3~7日前後

  • 冷蔵配送

備考:

この商品は株式会社ワインズ東京が販売、発送します。
まとめ買いでワインの配送料が無料に!
※1回のご注文で、ワインを6本以上またはワインの購入金額合計が8,640円以上の場合が対象になります

ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・リザーブ・ピノ・ノワール 2009

※こちらは入荷待ち商品となります。