一生もののカトラリー 『ペルスヴァル』

一生もののカトラリー 『ペルスヴァル』

こだわりのアイテムに囲まれて生活をする、そんな上質な暮しを始めませんか?

今回オススメしたいのはアラン・デュカスなどの三ツ星レストランをはじめ、世界中のシェフに愛用されている『ペルスヴァル』。刃物の街として有名なオーヴェルニュ地方ティエールのナイフ工房で、2012年、卓越した職人技、革新的な仕事をしている工房を取り上げるコンテスト「スター&メティエ」でグランプリを獲得し、翌年に日本に本格上陸した本格ブランドだ。

テーブルナイフ「9.47」はこのブランドの代表作。パリの一ツ星レストラン「ラ・メゾン・クルティーヌ」のオーナーシェフが、自らの料理にぴったりの理想のテーブルナイフを追求して完成させたモデルだ。柔らかなホタテの貝柱から肉厚のフィレ肉ステーキまでストレスなくカットできる切れ味にほれぼれしてしまう。ナイフの柄は黒檀とオリーブの二種。黒檀は材質が緻密で重厚感があり、オリーブは傷がつきにくく柄も美しい。

合わせたいのは『ペルスヴァル』のテーブルフォーク。一般的なフォークの先端は四角だが、このフォークは手仕事で先端を尖らせてあり、フランスの職人のこだわりが光る。せっかく買うならば一生もので、本物のカトラリーを揃えたいものだ。