大西洋の深海400~1000mに生息する Deep Sea Red Crab (オオエンコウガニ/まるずわいがに)。 少ない漁獲量と、その美味しさから市場には出さずに漁師間で食べてしまうことが多いため、希少性が高く“幻の蟹”と呼ばれている。

毛ガニのような強い甘み、大型タラバガニのような身の弾力、ボリューミーな食べ応えを兼ね備えた味わいが特徴。そんな「まるずわいがに」の専門店である、宮城県気仙沼市の『かに物語』から、絶品蟹グルメが登場!

蟹は脱皮を繰り返して成長することから、昔から無限や再生を表す“縁起物”とされており、新年会や成人式などのお祝いの席にぴったり。さらにDeep Sea Red Crabは、日本の正式名が「オオエンコウガニ」であることから、「オオエン(応援)」したい方に贈るギフトとしてもおすすめ!


かに物語特集